ホーム

新着情報・イベント

ブルカー、Active Spectrum Inc.のマイクロ-ESR事業の買収を発表

化学研究・教育市場向け、飲料分析、石油化学製品加工、線量測定分野の応用市場向けの、独自のマイクロ-ESR(電子スピン共鳴)分光法製品ライン

マサチューセッツ州、ビリレカ‐2016年12月12日 – ブルカーは本日、Active Spectrum Inc. (カリフォルニア州、フォスター・シティ)の買収を発表しました。Active Spectrum Inc.は、化学教育・研究、さらには応用市場や工業用途に使用される画期的な卓上型マイクロ-ESR(Electron Spin Resonance:電子スピン共鳴)分光法装置の開発・製造を行う企業です。買収の金銭的条件は明らかにされていません。

Active Spectrum Inc.が開発したコンパクトな完全一体型マイクロ-ESR装置により、ブルカーの既存の研究の幅が広がり、驚くほど高性能で、堅牢かつ使いやすい、独自の卓上型の離散サンプル(discrete sample)装置またはオンラインESR装置を持つハイエンドな ESR製品ラインが拡張されます。

Active Spectrum Inc.のマイクロ-ESR装置はブルカーのESR/EPRポートフォリオに組み込まれ、グローバルなブルカーのセールス、サービス、およびチャネル・パートナー・ネットワークを介して、応用市場、工業市場、教育市場で流通されることになります。

ESRは常磁性種の検出に使用されており、石油・潤滑油の分析、活性酸素種や活性窒素種の検出等の工業用センシング・アプリケーションなどに応用されています。さらに、マイクロ-ESRは優れた教育ツールでもあり、大学生の化学研究に用いることができます。

ブルカーBioSpin応用・工業・臨床(Applied, Industrial & Clinical)部門の責任者であるIris Mangelschots博士は、「この買収により、ブルカーは卓上型およびオンラインESR装置における専門知識とリーダーシップを強化しました。Active Spectrum Inc.の業績をリードする独自のマイクロ-ESR装置は、極めてコンパクトな磁気共鳴技術を活用し、工業市場および応用市場に適したソリューションを開発するための優れた基盤となります」と述べました。

Active Spectrum Inc.の共同設立者であり社長のJames R. White博士は、「イノベーションと卓越への真剣な取り組みで知られ、磁気共鳴分野のリーダーであるブルカーによる弊社のマイクロ-ESR事業の買収はとても喜ばしいことです。この技術に対するわれわれの画期的なアプローチがブルカーに認められ、受け入れられたことに感激しています。ブルカーのポートフォリオに弊社のマイクロ‐ESR装置が加われば、ブルカーのグローバルなサポートやサービスに支えられ、幅広いオプションをお客様に提供することができるでしょう。これからも、応用市場や工業市場に向けた堅牢で効果的、しかも安価な卓上型ソリューションのための新しいマイクロ‐ESRアプリケーションを開発していこうと意気込んでいます」と語りました。