ホーム

EPR技術情報

無料ウェビナー: EPRの世界の広がり - それはあなたの机上から

無料ウェビナーをご覧になれば、高性能机上型EPR装置がいかに短期間で容易に費用効率性の高い実験室業務の一端になるかご理解いただけます。

セミナーの要旨
EPRは、研究室から企業の職場まで多種多様な分野で活用されている技術です。生物学の実験室では、EPRを使って、フリーラジカル反応を観察したりスピンラベル法でタンパク質の特性を明らかにしたりします。高分子工業や塗料工業では、フリーラジカル抑制剤や光安定剤の有効性を観察するためにEPRが使用されます。EPRは、ファインケミカル合成や汚染物質分解において見られる触媒反応中心の主要な研究手法でもあります。常磁性中心が関与している場合、曖昧さを排除してそれを観察し測定できるのはEPRだけです。

従来、遠隔技法は熟練者でなければ利用しづらかったのですが、このセミナーは、新たに開発された専用の机上型装置によって、そうした障害を克服して、高性能EPRを活用していただくためのきっかけを提供するものです。

このセミナーでは、その装置が最小限の設置スペースしか必要とせず、要件も少なく、さらに所有コストも低いことから、さまざまな実験環境に適しており、幅広い分析用途や教育用途において理想的なツールであることがわかります。

新たな機会の発見
圧倒的な感度を備えつつ、使いやすさと手頃な価格設定も実現した革新的な小型の高性能分光計が登場し、その幅広いアクセサリーとワークフロー設計によって、多種多様な用途でEPR分光法を誰もが利用できるようになり、その対応業務や分野はなお広がり続けています。

高性能EPRを活用できる場が広がる中、経験を積んだユーザーもそうでないユーザーも、産業界から研究や教育の現場に至るまでEPR分光法を利用する新たな機会を発見するでしょう。この新たな机上型装置の驚くべき感度や安定性のほか、豊富なアクセサリーにより可能になった幅広い活用法をご紹介します。

webinar-epr

epr-webinar-graphic
図は、重合プロセスの経過を表しています。

セミナー対象者
現在EPRに関心をお持ちの研究主任、科学者、技術者。

  • 化学者、生物学者
  • 材料科学者
  • 高分子化学者
  • 産業科学者
  • EPR/NMR分光学者
  • DNP利用者
  • 教育者
  • 研究グループのリーダー
  • 磁気共鳴実験室主任
  • 博士課程修了研究者
  • 博士論文提出資格者

講演者

Peter Höfer博士 – ブルカー・バイオスピン社EPR事業部長((経歴)

Patrick Carl博士 – ブルカー・バイオスピン社上級アプリケーションサイエンティスト(経歴)