ホーム

NMR技術情報

NMR新薬開発関連ポスター

SMASH 2016年大会において、ブルカーは、医薬関連用途でNMRの重要性が高まっている状況のあらましを伝えるポスター展示やプレゼンテーションを数多くおこないました。

新たな技術やソフトウェア、活用法の登場によって、研究分野の幅は広がっています。その中の一例として、フラグメントベースの創薬、細胞培養基の品質や栄養消費の評価法といった分野で新しいソフトウェアツールがどのように活用されているかご紹介します。

ポスターやプレゼンテーションはいずれも、こちらのフォームに必要事項をご記入いただけば、ダウンロードできるようになっています。以下がその内容です:

プレゼンテーション

  • プロープと応用例の最新情報
  • 1JCC相関を唯一利用可能にする1,1-ADEQUATE
  • 創薬のためのNMRソリューション
  • モノクローナル抗体製剤のNMR解析
  • 高速高分解能スペクトル法
  • AssureNMRによる差異の識別・定量・検出
  • ヒントとコツ(データの取得処理 - 良好なスペクトルをえるために)
  • 高速化はどこまで必要か

ポスター

  • 細胞培養基: NMR法による品質と栄養消費の評価
  • qNMRによる効力測定
  • 有用性と効率を向上させるNMRツールを利用したフラグメントベースの創薬
  • 時間領域1Hおよび19F-T1の飽和回復曲線の解析による固体混合物の定量成分分析(QSRC)
  • NMR/赤外線放射による反応原位置解析の新しい方法